がらくたにっき

美術館・展覧会の鑑賞記録日記

いきもの展@山王美術館

f:id:nizaco:20201118225908j:plain

行った日:2020/10/17

★★★☆☆

本日のBest:前田青邨「紅白梅」

感想

友人に誘われて初めて山王美術館へ。

聞いたこともない美術館だったけれども、ホテルモントレグラスミア大阪の一角にある美術館だった。ホテル自体がアンティークの家具や絵などが飾ってあって、美術館の雰囲気に合ってた。ちなみに上の写真は美術館というか、ホテル内の写真(美術館の写真は撮り忘れ)。

こじんまりとした美術館であるものの、藤田嗣治やマリーローランサンやら、有名どころばかりの作品だった。とはいえ、”いきもの”というテーマだったおかげか、可愛い作品が多く、気軽に見れるのが良かった。

印象的な作品

藤田嗣治「ネコとチューリップ」

ポスターになっている作品。

文句なく可愛い。文句がなさすぎて素直に「本日のBest」に選べない。

チューリップも線がしっかりしていてイラストに近いけれども、猫の毛とのバランスが良い気がした。

 

前田青邨山鳥

構図が絶妙。雄雌の山鳥が左下に集められ、桜がわずかに散っている。

空白の扱いが絶妙という日本画の良さが感じられる作品だった。

 

前田青邨「紅白梅」

本日のBest。とはいえ、ちょっと前に見たおかげで記憶がぼんやり…

紅白の梅の木に小鳥が止まっている、かわいらしい作品だったと記憶している。

題材からして可愛いのは納得だけれども、下気味の構図もよかった(気がする)

 

上村淳之「春雪」

f:id:nizaco:20201118232300p:plain

上村淳之だ!と分かる上品な佇まい。

本日のBest候補だったけれども、ちょっと梅がデザイン的なのが気になってしまって。

でもやはり色が素敵だし、しんしんとした雪のなかで可憐に咲く梅や鳥が気品がある。

 

ピエール・ボナール「グラン・ランの公園で犬と遊ぶ少女」

割と大きな作品。縦長の構図に配置され、ちょっと日本画を意識しているのかな、と思った。

題材としては可愛いし、動きや配置もぱっと見可愛いんだけど、子供の見た目が…惜しいと思ってしまう。。。可愛さがすべてではないと分かりつつも。

 

チラシと作品一覧

f:id:nizaco:20201118233629p:plain

f:id:nizaco:20201118233648p:plain

f:id:nizaco:20201118233905p:plain

f:id:nizaco:20201118233954p:plain

f:id:nizaco:20201118234022p:plain

f:id:nizaco:20201118234105p:plain

f:id:nizaco:20201118234128p:plain

f:id:nizaco:20201118234151p:plain

f:id:nizaco:20201118234211p:plain

f:id:nizaco:20201118234226p:plain